CPE資格について

生産技術者マネジメント資格(CPE資格)とは、生産技術者として必要とされるマネジメントスキルを習得した人材を、CPE(Certified Production Engineer)と称し、認定する資格制度です。
資格制度を通じて、経営の視点から広く生産技術の役割を認識し、グローバルに通用する高いレベルの生産技術者の育成に寄与することをねらうものです。

資格の構成

生産技術者マネジメント資格(CPE資格)は、CPEおよびCPE-MEの各試験によって構成されています。

CPE資格について

生産技術者マネジメント資格(CPE資格)認定

CBT(Computer Based Testing)方式で保有知識を測定・評価し、生産技術分野のプロフェッショナルとしての知識全般を身に付けていることを証明するものです。

生産技術者マネジメント資格(CPE資格)試験問題

CPE認定テキスト「生産技術者マネジメントガイド」から、主に出題されます。
– CPE試験範囲 –

  • 「知識ガイド1:生産プロセスの設計・改善」
  • 「知識ガイド2:量産工場の維持・改善」

– CPE-ME試験範囲 –

  • 「知識ガイド3:開発プロセス革新」
  • 「生産戦略ガイド」

「生産技術者マネジメントガイド」詳細はこちらから

※生産技術者マネジメント資格(CPE資格)は、全日本能率連盟が認定する民間資格です。

想定する受験者像(受験資格ではありません)

CPE

生産技術者として5年~10年程度のキャリアを持ち上流の開発部門、下流の生産部門とのスムーズな連携を取り持ち設備開発、工程設計など新製品立ち上げの一連の業務の中で自分の役割をスケジュールどおりに遂行するとともに全体のコーディネート役も十分こなせる。

CPE-ME

生産技術業務の経験が10年以上「生産技術部門の管理者およびこれから管理者を目指す人」を想定した資格であり、管理者として生産技術部門を仕切ることができるとともに生産技術開発の方向性を明確に持ち、かつ関連する各部門—開発・設計、調達、生産などとの連携の中でイニシアチブをとりながら、質の高い効率的な生産体制をスピーディーに確立できる。

資格の体系

生産技術者マネジメント資格(CPE資格)は、CPEおよびCPE-MEの2種類より構成されており、CPEからCPE-MEへとスキルアップを図ることができる体系となっています。

体系図

生産技術者マネジメントガイド 詳しくはこちら
サブコンテンツ
CPF 第一線監督者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト 製造業のための生産分野専門オンラインセミナー 購買・調達人材育成スクール ものづくりポータルサイト ものづくりコラム 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース ものづくり総合大会 ものづくり人材育成スクール 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション
ページトップへ戻る