CPE資格の意義

1.経営の視点を持った生産技術者育成のために

いま、自社の収益性向上、生産性向上について常に思考し、自社を今よりも更によくするには何をすべきかを考え、改善/改革を続けるマインドを持つ生産技術者が求められています。
経営の視点を持った生産技術者の育成は、すべてのものづくり企業にとって喫緊の重要課題です。

2.上流工程と下流工程をつなぐ”要”機能の強化のために

ものづくりプロセスのフロー

生産技術者の携わる業務は「製品企画」「製品設計」「製造準備」「製造」「品質保証」「流通」「アフターサービス」と、非常に広範囲に亘ります。

これらの業務内容を十分に理解したうえで、それらに携わる人々に対し、収益向上、生産性向上実現のための改善/改革について支援し、上流工程から下流工程へのスムーズな業務遂行実現のためのブリッジパーソンの役割を担うべき生産技術者には、これに伴う広範囲の知識が要求されています。

生産技術者の広範囲にわたる知識の習得に

生産技術者マネジメント資格(CPE資格)公式ガイド
「生産技術者マネジメントガイド」

生産技術者マネジメントガイド

日本能率協会では、生産技術者が製造業の“イノベーションプロセス”と“オペレーションプロセス”をつなぐ、極めて重要な位置にあるとの認識に立ち、生産技術者マネジメント資格(CPE資格)公式ガイド「生産技術者マネジメントガイド」を発刊しています。

ものづくりに携わるすべての方に、お役立ていただけるテキストとなっています。

生産技術者マネジメントガイド詳細はこちらから

生産技術者マネジメントガイド 詳しくはこちら
サブコンテンツ
CPF 第一線監督者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース ものづくり総合大会 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED
ページトップへ戻る