NECプラットフォームズインタビューその7|CPE資格試験の現状とは?

(聞き手:日本能率協会 CPE事務局 中川雅志)

CPE資格試験の現状とは?

necpf007

寺田
私からも質問があるのですが、CPEの合格率は、今どのくらいですか?

中川
現在の合格率は、4割~5割くらいです。

寺田
それは以前とくらべてどうなのです?

中川
大きく見て4割から6割の間を行ったり来たりしているような感じですが、大体5割といったところですね。

寺田
合格するのは初回受験者、あるいは2回目以降の受験者が多いなど、そういったこともわかっているのですか?

中川
しっかりと統計を取っていませんが、私の感覚ですと一回で合格される方が6、7割くらいですね。あとは何度か受験をして合格されています。

寺田
複数回受験をされている方の費用は、会社が出してくれているのでしょうか?

中川
それは会社によって異なるようです。
ただ、5回以上も受けられている方もいらっしゃいますので、そのような方は個人負担ではなく会社負担かな、と思っております。

寺田
当社も1回目は会社から出してもらえます。
でも落ちたら2回目は自分で受けなさいということになっています。

試験も、なかなか面白い仕組みですね。
試験会場に行って一人でパソコンに向かって、出される問題に答える。会場を出るタイミングも自由。そして、帰る時に受付で合格通知(不合格通知)をもらえますよね。

中川
プロメトリックさんという外部の会社に委託して、パソコンで受けることになっていますね。
その場で結果がわかる速報性も好評です。

寺田
受けたほうはドキドキするのですけど(笑)。

生産技術者マネジメントガイド 詳しくはこちら
CPF 第一線監督者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース ものづくり総合大会 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED
ページトップへ戻る