よくあるご質問

生産技術マネジメントについて

生産技術者の役割は何ですか?

ものづくりは商品企画・開発・設計・生産技術・調達・品質保証・生産管理など様々な機能によって構成されています。その中で、商品企画・開発・生産プロセス設計・製造・調達・物流などといった、製品をかたちづくる一連の流れの中心に位置するのが“生産技術”です。製品の製造段階における品質/コスト/納期といった重要な要素は、生産技術者による生産技術マネジメントの巧拙によって決定するといってもよく、生産技術は、ものづくりにおいて非常に重要な役割を果たしています。

生産技術者に求められる知識や心構えは何ですか?

専門的な要素技術の知識・技能はもちろん、ものづくりにおける前後工程を踏まえて、最適な意思決定をはかり、実現にむけた業務を行うことです。そのためには広範な知識が求められます。生産プロセスの設計や、量産工場の維持・改善をおこなうために、様々な部門へ働きかけ、部門間連携の要(かなめ)としての自覚が求められます。

生産技術者を取り巻く課題や置かれている立場について教えてください。

昨今日本の製造業は、急激な経営環境の変化に加えて、生産活動の海外移転や雇用問題など、様々な課題を抱えています。生産技術に携わる管理者・技術者は、いかなる理念と施策をもって“ものづくり”に取り組むべきか、そして、独自の生産技術を創造しながら生産革新をどうはかっていくべきか。ものづくりチェーンの“要”として重要な役割を担うべき生産技術分野には、経営の視点からの高いレベルのミッションが求められています。

コンカレントエンジニアリングとは何ですか?

ものづくりに関わる様々な業務を同時進行させることで、開発期間、納期の短縮等を図り、より効率的にものづくりを進めていくことです。

ものづくりの範囲について教えてください。

生産技術者マネジメントガイドでは、商品開発全体の企画~開発~設計~生産技術~調達~製造~物流~販売の範囲と定義しています。

ものづくりとは何ですか?

商品の設計情報の流れを整え、製品の競争力、すなわち品質(Q)、コスト(C)、納期(D)を高め、顧客の求めるものをかたちにして供給していくことです

生産技術者マネジメントスキルとは?

生産技術者のマネジメントスキルとは、生産技術に関わる幅広いと経験を駆使し、ものづくりプロセスを管理して様々な問題を解決するスキルのことです。

生産技術とは何ですか?

生産技術とは、ものづくりにおいて”何をつくるか”という工程と、実際に”製品をつくる”工程とをつなぐ、生産工程全体の「要」となる技術のことです。 対象とする範囲は主に生産プロセスの設計・改善~工場の維持・改善にまつわる工程で、商品企画・開発の後工程、物流の前工程にあたります。 また、生産技術に使われる技術は、専門技術、分析手法、管理手法(マネジメント手法)まで幅広い技術が含まれます。

生産技術者とは?

生産技術者は、工場計画、システム設計、生産管理なども含む幅広い知識と経験が求められるポジションです。

受験について

合格基準を教えてください。

試験概要をご参照ください

設問ごとの受験結果を教えてください。

試験問題およびその回答状況は公表しておりません。
スコアレポートで、分野別のスコアを確認することができます。

出題範囲を教えてください。

CPE認定テキスト「生産技術者マネジメントガイド」から以下の割合で出題されます。

CPE

知識ガイド1:生産プロセスの設計・改善 50%
知識ガイド2:量産工場の維持・改善 50%

CPE-ME

知識ガイド3:開発プロセス革新 60%
生産戦略ガイド 15%
その他:生産技術部門が直面する課題を解決するための考え方や手順などのより深い知識を問います。 25%

予約して、即日受験は可能ですか?

即日の受験はできません。
お支払い方法により受験開始日が異なりますので、こちらをご参照ください。

同一期間中の再受験はできますか?

申込期間中であれば、2回まで受験が可能です。

受験期間はいつですか?

試験概要をご参照ください。

予約から受験までについて

受験するまでの流れを教えてください。

試験の予約申し込み、お支払い、受験について、および受験料の請求書や領収書については、こちらでご確認ください。

生産技術者マネジメントガイド 詳しくはこちら
サブコンテンツ
CPF 第一線監督者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト 製造業のための生産分野専門オンラインセミナー 購買・調達人材育成スクール ものづくりポータルサイト ものづくりコラム 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース ものづくり総合大会 ものづくり人材育成スクール 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション
ページトップへ戻る