リンナイインタビューその2|生産技術部門が抱える課題とは?

リンナイ株式会社 生産技術部 商品技術開発室 商品技術課 主事 原田太樹様に、2017年11月期CPE-ME資格試験最高得点者としてインタビューしました。

(聞き手:日本能率協会 CPE事務局 横田)

生産技術部門が抱える課題とは?

rinnai_img02横田
御社における生産技術の課題とはどのようなものでしょうか。

原田
生産技術はどうしても受け身のところがあります。
開発や営業から企画を持ち込まれ、仕事を受けることが多いのです。
結果、新製品を立ち上げるまでに残された期間が短くなってしまい、とても対応しきれない部分が出てきます。

そこで、いわゆるフロントローディング、どんどん前工程へ関与していく必要があると考えたのです。
そのプロセスでは様々な課題が出てきますが、それを解決するため、私どもの部門があれこれと調整しながら、前段取りし、少しずつレベルアップしようとしています。

商品コンセプトや販売戦略に見合う製造コンセプトを明確に設計し、それぞれが統一されたものづくりを進めていくために課題はまだいっぱいあるのです。

横田
開発と製造をつなぐポジションとしてどのようなことを意識されていますか。

原田
開発は当然、商品や仕様を造り込む目線でものをいっていきます。
これに対し、工場は量産準備や日々の生産を進めなければなりません。
生産技術は量産準備とまた違うところにいるものですから、それぞれの部門の意見を集約する中でうまい潤滑役になることも求められます。
他の部門と違う目線で全体を見ていく役割だといえるでしょう。

生産技術者マネジメントガイド 詳しくはこちら
CPF 第一線監督者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース ものづくり総合大会 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED
ページトップへ戻る