資生堂インタビューその3|どのようなプロセスでCPEを社内導入したのか??

(聞き手:日本能率協会 CPE事務局 安部武一郎)

キーマンが「受験して良かった」と言ったので、全員に受験してもらうことにしたんです

img_voice09-04

安部:
導入していただいて3年くらい経ちましたが、どのように役立っていますか?

太田:
こういう生産技術者マネジメントガイドという教本があって、これこれの手法があるということが堂々と言える。一般論でこうだということが言い切れるところですね。「それでいいんですか?」と聞かれて「いいんです。」と言い切れる。

特に知識ガイド1(生産プロセスの設計・改善)、知識ガイド2(量産工場の維持・改善)では、基本的な知識は網羅されていると思うので、きちんとおさえた上で業務をするということに役に立ってますね。

その上で、担当分野があったら、その分野を深掘りしてもらえばいいと思っています。

ただ、CPEに合格しても使いこなせてないことだってあります。ですので生産技術者マネジメントガイドもなるべく多く買って、各自で持っていてもらうようにしています。

安部:
CPEを導入されるにあたって、社内からはどんな反応がありましたか?

太田:
最初は私一人だけ勉強して、合格した状態だったわけです。
ですから、「これは役に立つ、有効だ」と思っても、私一人の主観でしかないわけですね。

それで、まずキーマンとなる数人に、受験をしてもらいました。
その結果、「受けて良かった」「復習になった」「自分の技術を確認できてよかった」という感想を得たので、全員に受験してもらうことにしました。

あるベテランは、合格点ギリギリで合格し、非常に焦ったといってました。もっと勉強すればよかった、と(笑)

安部:
受験者に対する基準などはありますか?経験年数とか?

太田:
当部門の全員が受験するということになっています。ほとんど受験し終わりましたが、人の異動もありましたので、新しく配属された人に受験してもらう予定です。

安部:
生産技術部門はノウハウや技術の蓄積が重要なので、私は異動は少ないという印象があるのですが。

太田:
当社は、結構異動がありますね。我々は生産技術の開発が主な業務なので、出入りがあったほうが新しいアイデアが生かしやすいんですよ。工場も研究所もルーチンになってしまうと、先進的・実験的なことができなくなってしまう場合もあるので。

安部:
どのような部署との異動になるですか?

太田:
海外の工場だったり、海外工場担当の本社スタッフだったり、研究所だったりいろいろですね。

生産技術者マネジメントガイド 詳しくはこちら
CPF 第一線監督者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース ものづくり総合大会 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED
ページトップへ戻る