トヨタ自動車 原様 インタビューその1|トヨタ自動車における工程計画担当の役割とは?

(聞き手:日本能率協会 CPE事務局 中川雅志)

CPE資格試験の現状とは?

toyota041

中川
本日は、トヨタ自動車株式会社の原さんにインタビューをさせていただきます。
まずは、原さんの現在の社内でのお立場や役割についてお聞かせいただけますか。


トヨタ自動車の広瀬工場という、主に電子部品を作っている工場におりまして、次に立ち上げようとしているハイブリッド車に搭載されるインバーターという電子部品の工程計画を担当しています。

工程計画では、製品を作るためのラインをどのように組み立てればいいのか、設備仕様はどうするべきか、工程の流れをどう作ればいいのかを考え、設計担当ともいろいろと調整をしながら、製品を作りやすいようにする為の業務全般を扱っています。

中川
いわゆるサイマルテニアス・エンジニアリング(SE)を推進している、というイメージでしょうか。


そうですね、
設計部署とコミュニケーションを取りながら、製品仕様を見直しにより造る人が造りやすい仕様にすることもしています。それがバラツキのない安定した製品品質を保証することの原則だからです。

私は現在プロジェクトリーダーという立場ですので、インバーターの工程計画全体を取りまとめています。

生産技術者マネジメントガイド 詳しくはこちら
サブコンテンツ
CPF 第一線監督者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース ものづくり総合大会 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED
ページトップへ戻る