リコーインダストリーインタビューその1|CPE受験のきっかけとは?

リコーインダストリー株式会社 プリンティング事業部副事業部長、生産技術センター所長 庄司様に、CPE/CPE-ME試験に関するインタビューを行いました。

(聞き手:日本能率協会 CPE事務局 横田)

CPE受験のきっかけとは?

ricohi_001_img横田
本日はリコーインダストリー株式会社 プリンティング事業部副事業部長、生産技術センター所長の庄司様を訪問させていただいております。

庄司様はCPEに2010年7月に合格、CPE-MEは2011年11月に合格されていらっしゃいます。
その後も責任者として後進の育成に力を入れていらっしゃいます。
本日は人材育成を含め幅広くお伺いしたいと思います。

現在は1,000人近い職員がいる事業所を統べるお立場ですが、受験当時はどのようなお立場だったのでしょうか。

庄司
CPEは生産技術の資格ですが、2010年当時は生産技術から離れていました。
もともと入社して最初に配属されたのが生産技術の部署でここで多くを学びました。しばらくするうちに視野を拡大することを求められて経営企画部門や出向などを経験しました。
そろそろ生産技術へ戻りたいと思った時、自分に生産技術のスキルがどれくらいあるのかが分からず、戻りたい希望を伝えられずにいました。

複数の会社を体験した人なら、自分のスキルが客観的にどのくらいのレベルにあるのか分かっているでしょうが、1つの会社にずっといると生産技術のレベルは分からないものです。
そんな時期にこの資格を知り、力試しのつもりで受験しました。

横田
初めてガイドブックをご覧になったときの印象は覚えていますか。

庄司
以前にIE士セミナー(生産革新プロフェッショナルコース)を受講していたので、初めて知る用語等はありませんでしたが、自分が経験していないことが半分近くあったのではないでしょうか。
そこは独学になりました。

生産技術者マネジメントガイド 詳しくはこちら
CPF 第一線監督者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース ものづくり総合大会 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED
ページトップへ戻る